リンパマッサージって何?

私たちの体には血管が張り巡らされていますよね。神経も同じです。

さて、もうひとつ体の中に張り巡らされている器官があるのをご存知でしょうか。

その答えは「リンパ管」です。リンパ管は、血液から染み出る老廃物(リンパ液)を受け取って、管を通して体外に出すという役割を持っています。

リンパ管のところどころにはリンパ節と呼ばれる卵型の節があります。太ももの付け根など触るとグリグリするところがリンパ節です。

体の中に800か所程度あるといわれています。

リンパ節はリンパ液中の異物や最近を取り除く働きを持っています。

リンパ節が詰まったり、リンパの流れが滞ったりすると、体のむくみが起きたり疲労や肩こりが起こりやすかったりします。

リンパマッサージはリンパの流れを良くして体調を改善するマッサージで、リンパの流れにそって行っていくものです。

外からマッサージしてあげることで、リンパを強制的に流すことができます。日頃の運動不足などで流れが滞っている人にはとても有効な対処法といえるでしょう。

リンパマッサージは腰痛にも効果があるの?

腰痛は腰に負担がかかると痛みが増していきます。

ヘルニアなどでは骨や周辺の組織に異常が起きて痛みが出てきますが、慢性的に腰が痛いという人の多くは骨に異常はなく、リンパの流れが滞ることによって疲労物質が溜まってコリが発生していることが原因といわれています。

そのため、腰周辺のリンパマッサージは腰痛にとても効果があるといわれているのです。

リンパは血液と違って生命活動としての動きをしていません。

筋肉の動きと連動して流れるものなので、何もせずにじっとしているとリンパ管も動かないのです。

リンパと腰、関係ないような気がしますが、実はリンパが痛みの根源であったりするのです。

フィード