てんかんの持病がある人の全身脱毛

癲癇(てんかん)という病気を持っている人は、エステサロンでは全身脱毛を始め、各種の脱毛の施術はできないと言われることがほとんどです。

なぜならば、癲癇という病気は、痛みや光などの刺激によって脳の電気信号が乱れて、けいれんや体調不良などの発作を起こす可能性があるからです。

エステで使われる脱毛器具は光脱毛で光を照射しますよね。

直接光を見ることはありませんが、万が一目に光の刺激が届いた場合、発作を引き起こす可能性が高くなり、発作が始まってしまうとエステでは正しい対処ができないので、施術を断っているということのようです。

エステは医療機関ではありませんので、万が一発作などが起こったら適切な処置ができないことがあります。

そのため、持病がある人への対処として初めから施術を断るといったポリシーのところが多いようです。


てんかんの人が全身脱毛したいと思ったら


では、癲癇の持病があるからといって一生脱毛は自己処理なのでしょうか。全身脱毛となると大変ですよね。

でも、クリニックの中には癲癇があっても施術を引き受けてくれるところもあるようです。

クリニックは医療機関ですから、発作が起こった時でも医師や看護師に知識があれば正しい対処ができます

すべてのクリニックで全身脱毛が受けられるわけではありませんので、癲癇のある人はクリニック探しが大変になると思われますが、全国展開している大手のクリニックなどでは発作の起きる頻度や服用している薬によっては引き受けてくれるところがありますので、根気強く探してみてくださいね。

なお、しばらく発作が起きていないという人でも、脱毛を受ける前には医師に許可をもらっておくと安心ですよ。

フィード